スマートフォンで昆虫図鑑をつくろう!

Available on the App Store ※現在iPhoneアプリのみの対応となります。

ムービー

動画を見る

イベント アプリをダウンロードしてイベントに参加することで森のパスポートを楽しむことが出来ます。

  • 2014.11.15(Sat.) 小諸ツリーハウスプロジェクト 信州の収穫祭 くわしく見るNEXT EVENT
  • 2014.10.4(Sat.)〜10.5(Sun.) ビーパル森のキャンプ2014@PICA富士西湖 BE-PAL くわしく見る
  • 2014.05.24(Sat.) 小諸ツリーハウスプロジェクトVol.01 ANDO FOUNDATION くわしく見る

森のパスポートの楽しみ方

イベントに参加する

  • まずはiPhoneアプリをダウンロード。
  • Webサイトより「森のパスポート」が楽しめるイベントの場所と日付を調べよう。
  • イベント当日、アプリの入ったスマートフォンを持って会場に行こう。

昆虫を採集・学習する

  • イベントに参加している森の中を散策していると、アプリ内にお知らせが届きます。
  • iPhoneを虫取り網を振るように動かすと画面にいる昆虫を捕まえることが出来ます。
  • iPhoneを虫取り網を振るように動かすと画面にいる昆虫を捕まえることが出来ます。
  • 捕まえた昆虫は、海野先生の写真や動画でより詳しく学習することが出来ます。

森のパスポートとは

スマートフォンとiBeaconを使って自然の中で学ぶ、自然学習体験ARプロジェクト「森のパスポート」。

森のパスポートは、野山を散策しながら四季折々の昆虫採集・学習体験ができる「デジタル×アウトドア」プロジェクトです。このプロジェクトは、iBeacon※技術を利用し野山を散策しながら、実際にその森に生息するチョウやカブトムシなどの昆虫を専用のアプリケーションをインストールしたスマートフォンで見つけて採集、そして持ち帰ることが出来ます。アプリで採取できる昆虫は自然写真家 海野和男氏が監修しており、海野氏提供の写真や動画による説明で採取した昆虫の生態を自然の中で学ぶ事が出来ます。季節や場所ごとで採集出来る新しい昆虫を追加していくことで、世界中の様々な場所で自然とデジタルテクノロジーを融合させた自然体験学習が可能となる取組みを目指しています。※iBeaconとは、小さな集積した検知エリアを作ることが出来る低消費電力の近距離無線技術「Bluetooth Low Energy」(BLE)を利用した新しい位置特定技術または無線発信端末。